PCやキーボードで在宅ワークのしやすさが決まる

在宅ワークで、もしものときは?!~データ復旧が大切~

pcを使った在宅ワークをする人は、pcやキーボードに拘る

最近は、自宅でpcを使った在宅ワークをはじめる人が増えています。この在宅ワークには、様々なメリットがあります。通常の仕事とどのような違いがあるのか、具体的に見ていきましょう。

在宅ワークをする人が増える理由

自分の都合に合わせて働ける
どうしても朝が弱いという人や、自分の時間を細かく使いたいという人は少なくないでしょう。そのような人に向いているのが、自宅ワークです。現代はpcを使った仕事が多いので、在宅ワークで働く人も増えています。家族を送り出した後にデータ入力や文書作成、デザイン制作などの業務ができるので、自分のペースで家事と仕事を両立できる点も魅力です。有能な人であれば、分野の違ういくつかの業務も同時に行なえるため、普通の働き方よりも効率良くできます。
仕事の結果が反映される
一般的な働き方では、就業時間内に決まった業務を決められただけこなしていくことが多いと思いますが、在宅ワークでは就業時間の制約がありません。こなした分だけ報酬になるため、結果を出したい人や自分の能力を試したい人にもおすすめです。実績をデータとして正当に評価してもらえることや、自分の作業ペースを分析できることもメリットの1つでしょう。ただし、データを取り扱う以上、管理もそうですがデータ復旧についても万全な体制にしておく必要があります。きちんと安全に仕事をすることで、信用をもらえ仕事も増えていくでしょう。
人付き合いを気にしなくていい
現代はストレス社会といわれています。多様な価値観と情報の渦が日々新しい変化を生み出しているので、仕事と人付き合いの両方で疲れを感じている人は多いと思います。在宅ワークは、業務に必要な情報とデータに向き合えば1人でも行なえるため、仕事に集中することができます。周りに気を遣って自分のペースが乱れたり、ミスをしたりすることもなくなるでしょう。

このようなメリットがあるため、在宅ワークをはじめる人が増えています。しかし、いきなりはじめるのは難しいことです。在宅ワークをするなら、在宅ワークに必要なアイテムを揃えましょう。Pcやキーボード、データ管理やデータ復旧の体制などです。

在宅ワークをはじめるためにはpcやキーボードを変えましょう

在宅ワークではpcやキーボードのスペックが重要になるため、新しい製品と変えた方が良いです。これで作業のしやすさが決まり、効率もアップするでしょう。最近は、手頃な値段でpcやキーボードの購入が可能なので、予備のデバイスも用意しておくと良いでしょう。在宅ワークの強みは自分のペースで仕事ができる点ですが、それでもやはり納期はあります。pcやキーボードがいきなり故障したり、データが壊れたりすることも珍しくありません。しっかりと対策を講じておきましょう。

pcやキーボードは種類によって性能が違う

pcやキーボードの性能は全て同じではなく、製品ごとに異なります。自分が使いやすいものを見つけて、在宅ワークの効率アップを図りましょう。

キーボードの性能はどのように違うのですか?
キーボードにはメンブレン式、バタフライ式、メカニカル式、静電容量無接点方式があり、共に有線タイプとワイヤレスタイプがあります。バタフライ式は打ち心地と薄型を両立したもので、最近のノートpcでよく採用されているキーボードです。性能として、キータッチが静かで押しやすいもの、縦置き角度調整スタンドが付いたもの、水洗い可能なもの、バックライト機能が付いたものなどがあります。コンパクトなものが人気ですが、在宅ワーク用としてはキータッチが快適なものを選んだ方が良いでしょう。
pcの性能はどのように違うのですか?
pcの主な性能の違いは、OS、CPU、メモリー、ハードディスクかSSDかなどで決まります。32ビットのOSは4GBまでしかメモリーを搭載できませんが、64ビットであれば4GB、8GB、16GBのメモリーを搭載できます。CPUは核となるコアが1つか2つ、あるいは4つあるかで性能に大きな違いが出るのです。また、クロック数では「~ギガヘルツ」の数字部分が大きくなるほど、性能は上がります。メモリーは1024MBで1GBになります。メモリーは最低でも1~2GB搭載されていないと、pcの動作が遅くなってしまいます。データの読み書きはハードディスクよりもSSDの方が早いのですが、現在はまだ高価です。

このような性能の違いで、在宅ワークには大きな影響が出ます。在宅ワークをはじめるなら、できるだけ性能の良いpcやキーボードを揃えるようにしましょう。データをこまめに保存して、万が一のときに備えることも大事です。データを破損したときのために、データ復旧サービスを行なっている業者の連絡先を調べておくと安心です。

在宅ワークではデータの管理が重要!

データ管理は徹底しよう

USBメモリーやSDカード、CDなどの記録媒体経由、メールでの送受信、クラウドサービスでのやり取りや保管、紙媒体などの経由でデータを扱うかと思いますが、いくつかのリスクがあります。在宅ワークをする場合は、所有しているpcやネットワーク経由での漏洩、媒体やデバイス本体の移動中の漏洩、メールの誤った送受信での漏洩やクラウドサービスからの漏洩、ウイルス感染による漏洩などに気を付けなければいけません。個人の所有物まで会社が管理することは難しいため、自分で情報管理やデータ復旧の体制を整える必要があります。

データが消えた際の対処方法

モニター

在宅ワークで最も大切なことは、データの管理です。これがしっかりとできなければ、一気に信用を失うどころか、利益損失で訴えられる恐れも出てくるでしょう。もし、データが消えた場合は、次のような対処をしましょう。デバイスやソフトに気になる点や異常が見られる場合は、すぐに原因を調べることも習慣付けておきましょう。

データ復旧ソフトを使用する

pcを長年使っていると、様々な不具合と遭遇するでしょう。パーティションの破損が原因でファイルを開けなくなったり、メールボックスに入れてあったはずのメールが消えていたりするなどのトラブルが挙げられます。無料で使えるフリーのデータ復旧ソフトは復元率が低いので、製品版を購入した方が良いでしょう。復元処理のナビゲーションが付いているソフトを選べば、慣れていない人でも使いやすいです。

復旧ソフトが戻らない場合はハードディスクを確認

まず、復旧用のハードディスクと作業用pcを用意します。作業用pcの電源を入れますが、このときは復旧用のハードディスクをpcに接続してはいけません。OS起動後に、復旧用のハードディスクをUSB変換アダブターに接続します。USB変換アダプターに電源スイッチがある場合は、接続してから電源を入れましょう。特に問題がなければ、復旧対象のハードディスク内のドライブ(パーティション)がマイコンピューター上に自動で認識されます。次に、デスクトップフォルダやマイドキュメントフォルダなどにデータが残っているか確認して、アクセス可能であれば外付けハードディスクに破損したデータのバックアップを取ります。このときの作業ではファイルは「移動」ではなく、「コピー」を使って移行させましょう。移動中にエラーが起きれば、データが消えてしまうからです。削除したデータを復旧したいときや、フォルダの一部でアクセス拒否表示が出た場合は、ハードディスク自体が認識されているかどうか調べます。「設定」から「コントロールパネル」を開き、「管理ツール」を開きます。そして、「コンピュータの管理」を起動して、「記憶域」内の「ディスクの管理」を選択しましょう。接続されているデバイスが表示されるので、復旧対象のハードディスクが認識されているかを確認します。もしなければ、ハードディスク内のパーティション情報やフォーマット構造が破損している恐れがあるため、自分で直すことができません。

自分でデータ復旧できない場合は業者に依頼

自分でデータ復旧ができない場合は、データ復旧サービスを行なっている業者にお願いしましょう。まずは業者に連絡して、引き取りや郵送でデバイス本体もしくはハードディスクを送ります。診断と見積りが終わり作業をそのままお願いする場合は、データ復旧に入ります。データ復旧が完了したら、デバイスとデータが戻ってくるので、データを確認しましょう。

自分でデータ復旧を行なう場合、無理をすると他のデータまで消してしまいかねません。自信がない人は、すぐに業者に相談して安全・確実にデータを復元してもらうことが大切です。仕事上、納期もあると思うので、診断と見積りの連絡が来た時点でデータ復旧完了までの日数を確認しましょう。

データ復旧を業者に依頼する時はココで探そう

TOPボタン

Copyright©2017 在宅ワークで重要なデータ復旧とpcのキーボード! All Rights Reserved.